ようこそ

pt

  •  
  •  
  •  

施設情報

  • レストラン名

    • 日付

    • 時間

    • 人数

NEW!2021/10/1から会員ステータスが3つになりました

× 閉じる

 

× 閉じる

 

× 閉じる

 

ようこそ

会員

0pt

次の会員まで
0ポイント

ようこそ

現在のポイント0ポイント

期間限定ポイント0ポイント

累計ポイント0ポイント

NEW!会員ステータスが3つになりました


宿泊予約状況の確認、登録状況の確認はこちら

“地球にやさしいホテル・まちにやさしいホテル・ひとにやさしいホテル”

当ホテルの取り組み

 

使用済みプラスチック由来の
電気を使ったレタス栽培

リーフレタスの栽培は、低炭素由来の電力をホテルの電気だけでなく植物育成にも生かして低炭素社会(CO2削減)を実現するための実証事業として行っております。温度22~26度、湿度60~80%の環境で赤と青のLEDを交互に照射することにより、早く、大きく生育させて、種をまいてから収穫までに30~40日、週に約40株程収穫することができます。収穫したレタスはホテル内のレストランにてご提供しております。

バイオフードリサイクルの導入

食品廃棄物を再生可能エネルギーに変える「バイオフードリサイクル」を導入しております。ホテルから出る食品廃棄物のリサイクル率100%を実現すると共に、廃棄物を微生物によりメタン発酵させることで発生したバイオガスで、ガスエンジンを動かし、発電するという取り組みへ参画。さらにその電気を購入することで、「地域循環型エネルギーの利活用」の仕組みを確立いたしました。

 

アメニティ

環境に与える負担を小さくするため、米の籾殻など植物由来の資源を使用したアメニティを導入しております。
歯ブラシ・レザー(各籾殻35%)、ヘアブラシ(籾殻12.5%)、シャワーキャップ(コーンスターチ20%)、ボディータオル(コットン100%)

 

ウォーターサーバーの設置

各フロアにウォーターサーバーを設置し、客室で無償提供しているミネラルウォーターを廃止いたしました。これにより年間約2万本のペットボトルごみの削減が可能になりました。また、ウォーターサーバーから客室へ水を運ぶためのカップとして地球にやさしい「森のタンブラー」を使用しております。このカップは木材由来の原料「セルロースファイバー」を55%活用したエコカップです。

サステナブルなホテルづくり

東急ホテルズは3つのサステナビリティ(目指す姿)と6つのサステナブル重要テーマ(社会課題の中から重点的に取り組んでいくテーマ)を定め、SDGs(持続可能な開発目標)の観点を深く認識しながら、ホテル事業を通じて「持続可能な社会」の実現に貢献してまいります。